吉野 智成

株式会社Gunshi 代表取締役/財務コンサルタント

Tomonari Yoshino

DSC07352.jpg
誇れる会社と声を出して言える経営者を多くサポートしたい

はじめまして、株式会社Gunshi代表取締役の吉野智成と申します。

私は、行政書士として独立をしてから、中小企業や個人事業主の経営にとって重要なファクターである「お金」という部分からサポートをしてまいりました。

​行政書士というと、行政機関への書類作成手続きの代行というイメージがありますが、私自身がもともと税理士事務所で勤務をしていたことから、会社の数字関係を見ることができるため、会社のお金回りから直接サポートをする現在の仕事をしております。

日本経済を支えるのは兎にも角にも「中小企業」です。しかしながら昨今の新型ウイルス等の世界的大流行により環境が激変しました。厳しい岐路に立たされている経営者の方もたくさん見てきて思うことは、「どんな状況においても中小企業が日本経済を支える図式は変わらない」ということです。

お金周りのサポートの代表格といえば「税理士」かと思います。

もちろん、税理士の先生はお金回りのプロであり、多くの経営者の悩みを解決してくれる存在です。

かたや、税理士の先生の役目は「税務会計」です。これは、企業が正しい納税をしてもらうようにきちんとした会計処理を行い、きちんと納税をしてもらうための会計手続きになります。

その税務会計と並び立つくらい重要なのが、「管理会計」です。管理会計とは簡単に言いますと、会社の日々のお金の動きに視点を移した会計手続きです。

税務会計は、正しい納税、正しい税法に基づいた会計処理を遂行するための手続きですので、お金の動き=会社に残るお金にならないことが多分にあります。

そこをカバーする会計手続きが「管理会計」です。

会社がスピード感をもって事業運営を行うためには、この管理会計の存在は必要不可欠です。

弊社はそんな管理会計などを通じて、会社の未来残るお金を少しでも多くするお手伝いをさせていただいております。​

吉野智成

株式会社Gunshiとは

株式会社Gunshiの創業の経緯は、中小企業をより元気にさせたいというキーワードから発せられています。

日本を支える中小企業が活気があることが、日本そのものを活気づけさせる起爆剤になります。

ただ、多くの経営者の方の共通の認識は、「大事な経営判断は自分で決める」ということです。

ここは弊社も強く賛同し、今までも会社経営者のサポート役に徹して仕事をしてまいりました。

会社名であるGunshiは漢字で書くと「軍師」になります。

つまり、会社経営者を支える縁の下の力持ち的存在、軍師的な立ち位置でいたいという思いのもと、この会社名にいたしました。

認定資格
  • 行政書士

​学歴・職歴
  • 駒澤大学法学部法律学科フレックスA卒業

  • 宇都宮大学 未来塾第4期生